スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええねん

べつに泣いてもええねん
泣きたきゃ泣けばええねん
転げまくってもええねん
また起きればええねん
もがきまくってもええねん
なにかをつかめばええねん
藁でも草でも砂利でも夢でも
なんでもなんでもええねんええねん



なんか久しぶりに
ウルフルズのええねん聞いて
サラリーマンネオを思い出したw

サラリーマンネオのテーマ曲で、エンディングで流れていたんだっけな~
サラリーマンの人が適当に自分の考えたええねんネタを
曲にあわせて歌っていたような。

ぼくも、今適当に書いてみた。
ぼくだってたまには泣きたくなることあるさ。
図太いけどねw推定w キリッ!

なんか、最近ぼくサラリーマンネタ好きかもw
ぼくのスピがたまにしてるメガネだけど、
それをつけると気分は特命係長w

友達は形状変更を勧めてくれたけど、
ぼく的には特命係長チックなんで、
そのままのメガネがツボってるw


とりあえず、
なんでもええねん
気に入ったらええねん
それでやる気になったらええねん
ありのままでええねん
へこんでもええねん
人間らしくてええねん
そんなところがええねんええねん
スポンサーサイト

おなかがいっぱいで苦しいです。。。

今日は会社のお偉いさんに、
飲み、もとい、食いのほうですね、連れていってもらいました。
ぼくが、駅まで原チャだったので、必然的にぼくは食い専になっちゃいました。

まあ、ぼく的には、飲むことよりも食うことよりも、
色々と質問したいことがあったので、メインはお話という感じでした。

それでも、めいっぱいこれでもか!ってくらい頼めと言われ、
めいっぱい食べましたがw

ぼくの、考えというか、認識がほかの人とどれくらいズレがあるのか、
気になるところで、ぼくは、ぼくの考えについて言って、
それについて、意見を聞いてみました。

ぼくの、認識は、そのお偉いさんとほぼ同じだったので、ちょっと安心したのはここだけの話?

ある、会報誌の記事より。。。

ある会報誌に、おっと思う記事が掲載されていました。
内容は、記事の掲載者の知り合いの息子さんの話でした。
掲載者の知り合いが、自分の息子が学校の進路指導のときに担任の先生と喧嘩したんですよ、と、
嬉しそうにその掲載者に話しました。
掲載者は、なんで、息子が担任の先生と喧嘩したことが嬉しかったのか、不思議に思い、詳細を聞いたそうです。

内容はこんな感じ。

先生:君は十分大学に合格するだけの学力があるから、進学しなさい。
息子:ぼくは、親と同じく農業をやります!
先生:今時農業なんて古臭い。
息子:では、先生、今朝何を食べましたか?昼は何食べましたか?
先生:今朝は〇〇と。。。。昼は△△。。。。
息子:では、その農産物や、水産物は誰が作ったりしてるのですか?農業や、水産業をしている人たちですよ。
   パソコンではご飯は食べれないんですよ!ぼくは、人の生命の糧である、農産物を作る農業をしたいのですよ!

というやり取りがあったそうな。。。
掲載者の知り合いは、そんな息子を誇りに思い、農大に生かせてやりたいと思ったらしい。
(ぼくが思い出しながら書いたので、若干表現等が異なると思われますが。)


ぼくが思ったこと。
まず、先生。教育者が農業を軽視するとは、残念だ。
次、息子。パソコンではご飯は食べれないと言っているけど、ちょっと極論過ぎるかな。
実社会を見て頂いたらわかりますけど、パソコンでご飯は食べれます。
但し、前提条件はありますけど。。。
農業や水産業等を営み、広く一般の人に食料を提供してくれる人がいること。
もちろん、流通業や販売業もなければ、広く一般の人のもとへ食料がいきわたることは難しいでしょう。
それらの前提条件があり、パソコンで社会貢献をして、お金を稼ぐことができたら、
ご飯を食べることができます!
『人の生命の糧である、農産物を作る農業をしたい』という志は素晴らしいと思った。
だからこそ、ご飯を食べるとき、感謝の気持ちをこめて『いただきます』と言い、
食べ終わったら、『ご馳走様』と言う。
ぼくは、これがあたりまえだと思っていたが、会社の大先輩が今時の子で珍しいと驚かれたのが、
逆にぼくにとって驚きだった。

これは、あくまで、ぼくの考えだけど、ぼくの友達だったらどう思ったり考えたりするんだろうな~
なんて思ったり、思ったり、思ったりした。。。。

なんか変なポリシー。。。?

また冷凍するの?って言われそうですが、
冷凍技術はぼくにとって必須の技術?ですw
決して家ではカップ麺を食べないと勝手に自分で決めたぼくにとって、
食材そのものや、食材を下ごしらえしたものや、調理後の食料を冷凍しないと、
食材をあまらせて傷めたり、残飯を生み出してしまうのです。。。

真面目に料理をする気があるのかは不明ですが、
美味しいものを食べるのが好きで、結構お口が肥えてるので、
美味しいものにありつけるかどうかは、自己責任ということになっちゃいますw

最近仕事が忙しくて帰ってくるのが遅くて、
仕事終わってからスーパーに行くこともままならぬ日が続いたりする。。。

昼休みに会社の近くのスーパーに行くこともあるけど、食材を人に見られるのが嫌なので、
お菓子とかを山盛り買って食材を隠して会社に持って帰ってます。

生ものは適当な大きさの封筒に入れて中身がわからないようにして、冷蔵庫に入れてます。
ぼくが料理をしてるなんて知られたら大騒ぎになりそうで怖いので、まじで隠すの必死ですw

なんか、料理は愛情だっていう人いるけど、
自分だけが食べるものに愛情をこめられないわw
さすがに人様に食べて頂くものには、真心こめて作りますけどね! キリッ!

ぼくが一昔前に書いた歌詞ですが。。。。

         Dandelion
                   

長い旅路の途中で 小さい花に気付く
今も昔も変わらぬまま 微笑みかけてくれる

辛いことがあっても 小さな勇気をくれた
小さな花はふるさとの 優しき友のよう


優しい歌は 風に流され ふるさとへ届くかな?
道端に 咲いている花に 頭を垂れふるさとを想う

流れる風よ どうか伝えて 変わらない思いを
道端で ふと佇んで 遠い空に思いを寄せる


長い旅路の途中で 小さい花に気付く
今も昔も変わらぬまま 微笑みかけてくれる

優しい木漏れ日を浴びて 優しい気持ちをくれた
ふるさとの友への思いは 今も変わらぬまま


さよならを 告げないままに ふるさとを離れたけど
心に描く 懐かしい日々に 咲いているたんぽぽ

たんぽぽの 白い綿毛は 風にのり旅出る
道端に 咲くたんぽぽは ふるさとの友のよう
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。